弁護士の転職・就職市況

ツイート   FBでシェア  

弁護士の転職・就職市況

ここ数年来、経験弁護士の採用状況は拡大傾向にあります。
厳選した採用を行う傾向に変化はないものの、数年前のような採用控えムードは明らかに解消されたと言って良いでしょう。

プラクティス分野を問わず、各法律事務所共通して、オリジネーション能力のある弁護士は依然として高いニーズを保っています。
独自の顧客基盤を持つ人材は、景気の影響なく、どの法律事務所で歓迎される人材であることに変わりありません。

最近では、いわゆる「人手が足りない」といった需給面での採用も、事務所の規模・形態を問わず、活発にみられるようになってきました。
また、企業業績の改善により、企業の人材補充において、法務部門を含む間接部門への投資も平常レベルに戻りつつあり、インハウス弁護士の採用ニーズも上昇しています。

  • ログイン
  • 新規登録
登録者、公開プロフィール
登録者数 11250
公開プロフィール 3209

(昨日12月10日現在)

メールアドレスの登録を行うと、リクルート速報メールを受信することができます。
またログイン後の画面から、簡単なプロフィールを登録することができます。
登録されたプロフィールに基づき、法律事務所や企業(法務部)からスカウトメールを受け取ることができます。

  • ロースクール求人広告(就職者用)
  • 法務人材紹介

法律・法務人材、ロースクール生の求人・就職情報の掲載について

  • 掲載管理(法律事務所・法務部)
  • ロースクール求人・就職情報トップへ

法律事務所、弁護士、法務、法科大学院生(ロースクール生)の求人・採用・募集・就職・転職情報
アットリーガル

© Intelegal Co., Ltd. 2005-2016 All Rights Reserved.