弁護士のオリジネーション能力について

ツイート   FBでシェア  

弁護士のオリジネーション能力について

オリジネーション能力、いわゆる法律事務所におけるクライアント開拓や案件開拓を行う能力は、アソシエイトがパートナーとして迎えられるために求められる能力の一つです。
法律実務能力よりも、オリジネーション能力を重視する法律事務所が非常に多く存在するという事実は、司法修習時代には想像もしていなかった、というご感想をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
司法制度改革により、この傾向にますます拍車がかかるのは避けられそうにありません。

オリジネーション能力は、ボスから振られてくる仕事を粛々とこなすということを主業務としているアソシエイトの立場では、獲得にあたりたいへんな困難を伴う能力かもしれません。しかし、だからこそこのような人材が希少であり、優遇されるといった側面もあります。
従来はボスのクライアントを承継すると言った形態も多く見られましたが、案件数の減少と弁護士数の増加を踏まえ、今後はマーケティング面でより能動的なアクションを起こす必要に迫られるかもしれません。

シニアアソシエイトクラスの方々の中には、弁護士キャリアの途中でインハウスを経験し、独自のプラクティスと人脈を構築した上で、パートナー待遇でファームに戻るといった積極派の方も存在します。

  • ログイン
  • 新規登録
登録者、公開プロフィール
登録者数 11250
公開プロフィール 3209

(昨日12月10日現在)

メールアドレスの登録を行うと、リクルート速報メールを受信することができます。
またログイン後の画面から、簡単なプロフィールを登録することができます。
登録されたプロフィールに基づき、法律事務所や企業(法務部)からスカウトメールを受け取ることができます。

  • ロースクール求人広告(就職者用)
  • 法務人材紹介

法律・法務人材、ロースクール生の求人・就職情報の掲載について

  • 掲載管理(法律事務所・法務部)
  • ロースクール求人・就職情報トップへ

法律事務所、弁護士、法務、法科大学院生(ロースクール生)の求人・採用・募集・就職・転職情報
アットリーガル

© Intelegal Co., Ltd. 2005-2016 All Rights Reserved.