柴田・鈴木・中田法律事務所:一般公募・個別訪問

ツイート FBでシェア

柴田・鈴木・中田法律事務所

掲載番号:7264

募集要項
募集形態 :
一般公募・個別訪問
募集対象 :
経験弁護士(司法修習修了者)
修習期 :
75期 〜 76期 

法律事務所概要

当事務所は2014年の開設以来、M&A、ファイナンス、知的財産権、不動産を中心とした高度な企業法務案件を専門に取り扱うブティックファームとして、クライアントの課題解決に取り組んでまいりました。幸いなことに、大手経済紙からも「得意分野に特化した『個性的な法律事務所』」としてご紹介をいただくほか、年々クライアントが増加しており、対応可能な領域を拡大・洗練させています。当事務所では、これから一人の法律家として羽ばたいていく皆さんが、全力で活躍できるステージをご用意しています。当事務所は引き続き、弁護士を積極採用予定であり、昨春オフィス・スペースを拡張しました。企業法務のど真ん中で経験を積み、勝負していきたい方は、是非ご応募下さい。

◆求める人材像(パートナー・柴田堅太郎弁護士より)
「よい法律家に求められるのは、

 …めずに取り組む「やりぬく力」
 適切に進める「やりくりする力」
 4愀玄圓閥┻弔靴篤餠匹鮴擇衄瓦韻襦崢汗阿垢詢蓮

だと考えています。ただし、最初からこれら3つの力を持っている必要はなく、これらをバランスよく身につけていくやる気とポテンシャルを重視しています。現時点ではそれらの力量が足りなくても心配しないで下さい。きちんと若手を育てる環境を用意しています。」

◆若手育成方針
当事務所の若手育成の方針は「スペシャリストとゼネラリストのバランスが取れたプロの法律家を目指すこと」です。

パートナーは各人が担当する専門分野を持ち、すべての案件にハンズオンで関わることを大切にしています。一方で、若手弁護士は、それぞれが興味のある得意分野を持ちながら、複数のパートナーと仕事をする形式を採用しています。そのため、特定のパートナーの1つの分野に偏らず、比較的広い領域でパートナーと一緒に専門性の高い業務に従事して頂きます。その過程で、若手弁護士の方々には自分の専門にしたいと思う分野を見つけて、スペシャリストになってもらいたいと思います。

◆メンバー
弁護士 14名
  • パートナー 5名(54期3名、55期1名、56期1名)
  • カウンセル 2名(66期1名、69期1名)
  • アソシエイト 7名(72期2名、73期1名、74期1名、75期2名、76期1名)
  • このほか、77期司法修習生1名が弁護士登録予定です。

◆メディア掲載
【日本経済新聞】
  • 「得意分野に特化している『個性的な法律事務所』」(2020年5月24日朝刊)、
  • 「会社法、M&A、ファイナンスといった企業法務の爐豹燭鹵罩瓠廚廼般海鮃圓辰討い觧務所(2021年8月4日・電子版)
など 多数
また、ALB JAPAN FIRMS TO WATCH 2022(今、注目の法律事務所トップ10)にも選ばれています。

応募方法・必要書類

本掲載は終了しています。掲載内容は過去の情報であり、最新の情報と異なる場合があります。
こちらのフォームよりメールアドレスを登録すると、新しい求人が掲載された際にお知らせします。

組織情報

組織情報
名称 柴田・鈴木・中田法律事務所
住所 〒100-6013 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング13階

この募集元の全掲載  ( 100002001 )

弁護士、法科大学院生、法務の採用・求人・就職情報

登録アカウント、登録プロフィール
登録アカウント数 12170

昨日4月16日時点

上の配信登録(無料)よりメールアドレスの登録を行うと、リクルーティング情報メールが配信されます。

  • ロースクール求人広告(就職者用)
  • ロースクール求人・就職情報トップへ

法律・法務求人サイト
アットリーガル

© Intelegal Co., Ltd. 2005-2024 All Rights Reserved.